交通事故時の対応

症状固定で医師に通院の終了と言われたら治療はできないの?

投稿日:

医師や保険会社から症状固定と言われてしまったら後遺障害申請をする

人身事故では、けがの治療のために通院することになりますね。
ただ、どんなに治療を続けても中には完全に治ることのない怪我もあります。
何かしらの障害が残ってしまうケースです。

例えば、手首の大怪我などで、手術をしてリハビリを経ても完全に元の状態まで曲げることができず、可動範囲が狭くなってしまうような場合。
残念ながら、どんなに治療を続けても治る可能性は低く治療にも限界があるのです。

このような場合、病院側は症状固定として治療を終了させます。
自分としてはもっと治療を続けたい、と思う方もいるでしょう。

しかし、症状固定を言い渡されてしまうと、交通事故としての治療は終わりとなります。
すなわち、症状固定以降に治療を続けた場合は、通常の健康保険を使って自費でリハビリ等を続けることに。
同時に、交通事故の相手側は、治療費の支払いをする責任はなくなります。

ただ、症状固定だからといって、治療を終わらせなくてはいけない、ということではありません。

治療を続けたいなら自費になる、ということです。
そこで、次にやるべきは後遺症申請です。
必ず認定されるわけではありませんが、症状固定後に相手方に対して責任を取ってもらう方法でもあります。

後遺障害申請をして認定されれば、交通事故によって後遺症が残ったことになりますので、後遺障害慰謝料を受け取ることができます。

症状固定と言われた場合、もしもまだ障害が残っているなら、必ずしも認定されるかどうかはわかりませんが、後遺障害申請を行うべきです。

医師や保険会社から言われた症状固定の判断は絶対なの?

症状固定の判断は、一般的には、突然にして医師の判断で行われるものではありません。
通常は、患者さんの体の様子をみながら患者と相談して医師が判断し、決定することになります。

もちろん、医師は医学的見地から判断をするわけで、治療効果がないと実感した時点で症状固定を検討します。

むやみやたらに症状固定を告げるわけではありません。

しかし、場合によっては医師の判断に納得できないケースもあるでしょう。
患者自身が治療することで良くなっていると実感している時に告げられたら、納得できないかもしれませんね。

納得できない場合には、医師に相談してみてください。
治療を続けてもらえる場合もあります。

ただし、むち打ちの場合では別です。
半年以上の治療によっても治らないむち打ちのケースでは、治療をそれ以上続けても症状が改善する見込みはないため、症状固定とされるのが一般的です。

また、症状固定とせずにいつまでも治療をさせてくれる医師も中にはいますが、注意が必要です。
必ずしもすべての治療費が賠償されるとは限りませんし、医師が決めた症状固定日まで賠償されないケースもあります。

患者だけでなく、医師に関しても、いたずらに治療を長引かせる行為は認められない、ということです。

なお、医師からではなく、保険会社から症状固定をほのめかされたり、はっきりと言われたり提案されるようなケースもあります。
例えば、「そろそろ症状固定かと」、「症状固定となりますので治療費は自費で」、「改善の見込みがないようですので症状固定にしてください」など。

場合によっては、何も連絡がなく保険会社から後遺障害診断書が送られてきて、「これ以上の治療費は負担できませんので申請をしてください」というケースも。

もちろん、症状固定を判断するのは医師です。
保険会社が勝手に判断できる話ではありませんが、保険会社はいたずらに治療期間を延ばされることを懸念しているのです。

そのため、医療機関に連絡を取り、治療の状況を確認します。
症状が変わらないような確認が取れた場合に、上記のような治療費の打ち切りの話をしてくるのが通常です。

ただ、本当に治療をすることで症状改善が見込めるのであれば、保険会社の都合に左右される必要はありません。
保険会社に症状固定を決める権利はありません。

保険会社も一定の賠償をする意思はありますが、同時に賠償を少しでも抑えたいという気持ちもあります。

治療を続けることで改善する効果を実感している状況であれば、医師に相談してください。
場合によっては、医師の方から保険会社に対して、まだ治療する必要がある旨を伝えてもらいましょう。

症状固定日がいつか?ということは、損害賠償の算出において大きなポイントになります。
また、後遺障害の申請にも左右する問題です。
ですから、保険会社の都合によって決められては困りますし、仮に医師に症状固定と言われても、治療を受けている方自身が体の状況を判断するべきです。
医師と相談しながら、治療を続けるか否かを判断してください。

-交通事故時の対応

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.