交通事故時の対応

交通事故でとるべき対応は?スムーズに解決するには正しい対応を

投稿日:

交通事故が起きてまずやるべきこと

交通事故が発生してまず気にすることは、当事者だけでなく、周囲にけが人がいるかいないかです。
怪我をしている人がいれば、救急車をすぐに呼びましょう。

また、救急車を呼ぶほどではない場合は、相手の確認をして警察に連絡を入れてください。

どっちに原因があったとしても、ここまでは冷静に行動するべきです。

というのも、交通事故の当事者には、負傷者がいれば救護義務があります。
また、警察に連絡して事故が起きたことを伝えることも義務になります。

事故直後、ほとんどの方は慌ててしまい興奮状態になるでしょう。

自分は悪くないとか、相手が急に出てきたら悪いなど、事故の原因について頭の中がいっぱいになるかもしれません。

しかし、まずはけが人の確認と警察への通報です。

興奮状態の中で当事者同士であーだこーだと話したところで正しい判断などできるはずもありませんしね。

なお、交通事故の加害者は、被害者よりも義務を果たすように心がけてください。

道路交通法で定められていることです。
やるべきことをせずに現場から立ち去るようなことはしてはいけません。

ひき逃げ事故など重い罪となってしまいます。

また、動ける場合には他の車に危険が及ぶことのないように危険防止に努めましょう。

例えば、三角表示板や発煙筒を使って他の車に事故があったことを知らせるなど。

ただし、負傷者がいてその方を安全なところに移動させるかどうかは正しい判断が必要になります。

命に関わるような重症の場合、素人が下手に動かさない方がいいでしょう。

警察が来るまでや来てからの対応

事故は一瞬で起きます。
当事者がその状況を具体的にかつ正しく説明することは難しいでしょう。

実際には、事故直後であってもそれを正確に伝えることはできません。

だからこそ、互いの言い分が食い違いもめる原因になるのです。

そこで、事故現場の写真や互いの車の状況などは、スマホを使って写真を撮っておくことをオススメします。

近くに目撃者がいたら、その方にどういう状況で事故が起きたか話を聞いて録音しておくとなおいいです。

目撃者から話を聞けたら、その方の氏名や連絡先も聞いておいてください。

また、いずれは示談のために連絡を取り合うことになりますので、相手の氏名や電話番号、車のナンバーや保険会社とその連絡先なども聞いて起きましょう。

警察が到着してからは、まずは警察に聞かれたことだけを答えましょう。

なお、警察はどっちが悪いとかを判断するようなことはしません。
どのような状況で事故が起きたのかを把握するだけです。

起きたことを正確に伝えることが大切です。

現場でのことが一通り終わった後に行うこと

まずは保険会社へ連絡してください。

事故状況や現場住所などを伝えます。
また、怪我をした場合には診察を受けに行く旨を伝えましょう。

なお、事故直後というのは混乱したり興奮している状況のため、怪我をしていたとしても痛みが分からないこともあります。

後から痛みが出て来る場合もあります。
見てわかるような傷がなくても、痛みを感じたら診察を受けに行ってください。

中には、仕事があるから医者になど通えない、仕事中の事故であれば早く仕事に戻りたいなどの理由もあるでしょう。

しかし、痛みを我慢して治療を続けなかったことできちんと損害を賠償してもらえなかった方も少なくありません。

また、日数が経過してしまうと人身事故への切り替えができないことや怪我と事故との関係を証明できない場合もあります。

怪我をした場合には、面倒臭がらずに通院し続けることも必要です。

慰謝料が増額できるか無料診断できます!(匿名もOK



いきなり弁護士に相談するのはちょっと・・・。
安心して下さい。
匿名で完全無料の増額診断サービスを試して下さい。

-交通事故時の対応

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.