過失割合

自動車とバイクの交通事故での過失割合は?車の方が不利になるの?

投稿日:

車とバイクの事故ではバイクが有利!バイクの方が基本となる過失割合は小さい

交差点でよく起こる事故は車同士の事故だけとは限りません。
左折の際に大型バイクや原付バイクを巻き込んでしまったり、右折の際に直進してくるバイクに気づかず衝突してしまうなど。

自動車とバイクによる事故の場合、過失割合のルールは車同士の事故と同じなのか?という点についてここでは紹介したいと思います。

ズバリいうと、車同士の事故とは過失割合のルールが異なります。

また、巻き込み事故は車同士の事故では見られません。
バイク特有の事故になります。

バイク特有の事故も含め、車とバイクの事故の場合の過失割合についても紹介していきます。

まずはじめに、自動車とバイクでの事故の場合、基本的にはバイクの方の過失が小さくなります。

車と比べてバイクは車体が小さいですね。
必然的にバイクの方が衝撃は大きくなります。

さらに、体がむき出しになるバイクは、事故が起これば運転手も大きな怪我を負う可能性が高い乗り物です。

車よりもバイクの方が弱い乗り物だと言えます。

そのため、車の運転手の方により注意することが求められ、バイクの運転手よりも過失割合が大きくなるのです。

実際に過失割合を決める際のルールとして、バイク側の過失を減らすことが行われます。
これを「単車修正」と言います。

たとえば、車同士なら過失割合が50:50となる事故があったとします。
しかし、車対バイクだと異なります。
同じ条件での事故が発生した場合、車60:バイク40という過失割合になるのです。

理由は、バイクよりも立場の強い車の運転手にはバイクの運転手よりも高い注意義務が課されるからです。

これが車対バイクの交通事故での過失割合の基本になります。

バイク側に違反行為があればバイク側の過失割合は加算される!

場合によってはバイク側の過失割合の方が高くなる場合もあります。
交通事故の過失割合には一定の基準があります。
基準をもとにして修正要素があれば、修正ルールに従って加算されたり減算されたりして決められます。

修正要素として主なのは、違反行為です。
例えば、スマホの使用や一旦停止無視、前方不注意やノーヘルなどの違反行為。
このような違反がバイク側にあれば、当然のように過失は加算されます。

いくつか具体的な事故のケースでの過失割合を紹介します。

<車が左折する際にバイクを巻き込んでしまった場合>
よくあるケースですが、前方に車が走り、交差点で左折する際に後ろを走行していたバイクを巻き込むケースです。
この事故のケースでの基本過失割合は車80%:バイク20%です。

基本割合をもとにして案件ごとに修正要素が加えられます。
■車側の修正要素
・車が大型車の場合:5%プラス
・車が大回りして左折した場合:10%プラス
・ウインカーを出し遅れた場合:5%プラス
・ウインカーを出さなかった場合:10%プラス
・交差点直前で左折した場合:10%プラス
・速度を緩めず左折しようとした場合:10%プラス

■バイク側の修正要素
・明らかに前方を見ていなかった場合:10%プラス
・時速15キロメートル以上のスピードオーバー:10%プラス
・時速30キロメートル以上のスピードオーバー:20%プラス

<バイクが前を走り左折しようとした際に後ろからきた車に衝突されたケース>
バイクが左折しようとして速度を緩めた際に後ろから来た車が、バイクが左折するのに気づかず衝突するケースも少なくありません。
このケースで基本となる過失割合は、バイク60%対:車40%。

そして、基本割合をもとにして修正要素があれば加えられて生きます。

■バイク側の修正要素
・ウインカーの出し遅れ:5%プラス
・ウインカーの出し忘れ:10%プラス

■車側の修正要素
・よそ見などの前方不注意:10%プラス
・時速15キロメートル以上のスピードオーバー:10%プラス
・時速30キロメートル以上のスピードオーバー:20%プラス

<車の横をすり抜けて追い越ししようとした際に起きた事故のケース>

追い越し禁止の道路かどうかで過失割合が異なってきます。
まず、追い越しが許されている場合、基本となる過失割合はバイク70%:車30%になります。
次に、追い越しが禁止されている場所です。
基本となる過失割合は、バイク80%:車20%になります。

そして、それぞれの基本割合をもとに、修正要素が加えられます。

■車側の修正要素
・追い越されると分かっていたのに追い越させないようにした場合(避譲義務違反):10%プラス
・道路交通法27条1項に違反した場合:20%プラス
・スマホの使用やわき見運転、15km以上30kmのスピード違反等の著しい過失があった場合:10%プラス
・酒酔い、無免、30km以上のスピード違反等の重過失があった場合:20%プラス

■バイク側の修正要素
・スマホの使用やわき見運転、15km以上30kmのスピード違反等の著しい過失があった場合:10%プラス
・酒酔い、無免、30km以上のスピード違反等の重過失があった場合:20%プラス
・追い越しが危険な場所だった場合:5%プラス
・二重追い越しの場合:20%プラス

<バイクの前に走る車がドアを開けたことで起こる事故>

車とバイクの事故では、自動車のドアを開けた時に後ろから車の脇を走ってきたバイクが開けたドアにぶつかる事故があります。
車とバイクの事故として特徴的な事故になります。
基本となる過失割合は、車90%:バイク10%です。
次に修正要素が加えられますが、それぞれ加算となる要素は次のとおりです。

■車側の修正要素
・夜に事故が起きた場合:5%プラス
・ハザードランプをつけなかった場合:5%プラス
・いきなりドアを開けた場合:10%プラス

■バイク側の修正要素
・ドアが開くのが予想できた場合: 5%~10%プラス
・時速15キロメートル以上の速度違反 10%
・時速30キロメートル以上のスピードオーバー:30%プラス
・前方不注意や酒気帯び等の著しい過失、または酒酔いや無免などの重過失があった場合:10%~20%プラス

紹介したように、車とバイクの事故では車同士ではありえない事故のケースがあり、基本となる過失割合が決まっています。

そして、それぞれのケースを見ればわかるように、基本的にはバイクの方が有利となる過失割合となっています。

しかし、バイク側にも何かしらの違反や過失があれば、割合が加算されて車側の過失を超えることも。
また、事故の形態によっては、基本となる過失がバイクの方が高くなるケースもあります。

過失割合は示談交渉の際にもめる原因にもなりますので、まずは適正な過失割合を知ることからはじめてください。
すでに揉めてしまい、対応に困っている場合には、交通事故専門の弁護士に相談してみてください。

-過失割合

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.