過失割合

過失割合が100:0の事故はこれだ!過失がない被害者には注意することもある

投稿日:

過失が0になる事故は少ない!0だと思っていても過失があるのが一般的

自動車同士の事故の場合、自分に過失がないと思っていても結果的に1や2の過失が出てくるものです。

納得ができない方も多いと思いますが、過失が0になるというケースはとても少ないのが自動車同士の事故です。

もちろん、損害賠償においても0か1では大きく異なるわけですから、0に拘りたい方もいるでしょう。

お気持ちはわかりますが、0が認められるケースは僅かであり、被害者の方にも何らかの過失が出てきてしまうのです。

なお、それを知らずに自分の気持ちだけで0を主張することには注意が必要です。

過失割合には一定のルールのようなものがあります。
むやみに過失0を主張してしまうことは、保険会社のサポートを受けられなくなります。

では、自動車同士の場合に過失が0となるケースはどんな事故かを説明します。

被害者車両の過失が0として確実なのは、止まっている被害車両に対して追突されたケースです。

他にも、加害車両がセンターラインをオーバーして衝突されたケースや赤信号を無視したケースも代表的なものです。

まず、止まっているところに追突してきた事故としては、被害車両が信号待ちの時や、駐車場に止まっていた際にバックしてきた加害車両に追突されたなどがあげられます。

どちらも、完全に停車していた状態の時に追突されているので、当然にして被害者の方の過失は0です。

また、走行中にあなたが急ブレーキをかけた場合に後ろの車が止まりきれずに追突するケースもあります。

車間距離を取っていれば追突を避けられたわけですから、後ろからから追突してきた車の過失が100となり、急ブレーキをかけた方は0になります。

次に、センターラインをオーバーしてきて衝突された場合。

通常、運転していてセンターラインを越えて反対側に行くことなどありませんね。
逆に、センターラインを越えて車が突っ込んでくるなんてことは考えもしません。

センターラインを越えてくることは想定外なことです。
越えてきた車を回避できる人なんていません。

そのため、越えてきた車に衝突された場合には、過失0となります。
なお、車を追い越すためや停車している車を避けるためにセンターラインをオーバーすることは多く、その際に事故になるケースは少なくありません。

赤信号を無視してきた車に衝突された場合も0です。
赤信号を無視してくることなど誰も想定できません。

青信号で走行しているにもかかわらず赤信号を無視してきた車両に衝突された場合は、信号を無視した加害者側の過失が100%となります。

似たようなケースでいうと、右折信号が青で右折した際に、対向車線の直進信号が赤なのに直進してきた車と衝突するケースもあります。

もちろん、信号が赤で直進してきた車に100%の過失があります。
なお、信号機のない場所では、過失が0となるケースは少なく、代表的な例もありません。

以上のように、過失が0となる典型的なケースは限られており、自動車同士の事故では自分では過失がないと思っていても、そうはならないのが実情です。

また、自動車対バイク(二輪車)の場合だとさらに少なくなります。

先ほどもあげたように、赤信号の交差点で信号を無視してきた車両と衝突した場合や停車していた際に追突された場合は0にはなりますが、他のケースでは典型的な例をあげることができません。

過失割合0の場合にも注意することがある

過失割合は、これまでに起きた事故裁判を元に決められています。
いくつもの事故ケースが載っている判例タイムズという本を参考にして、通常は保険会社同士が決めていきます。

もちろん、過去に例のある事故と全く同じ事故などは存在しないので、交渉の余地はありますが、基準となる過失割合を元にしてそこから交渉していくのが一般的です。

なお、判例タイムズを持っている一般の方などはいませんので、過失割合の交渉は保険会社に代行してもらうのがいいでしょう。

ただ、過失が0の場合や0を主張する場合は保険会社のサポートを受けられません。
保険会社は示談交渉を代行してくれないため、自分で相手の保険会社や相手本人と交渉していくしかありません。

しかし、相手の保険会社との交渉は簡単ではありません。

レコーダーや目撃者もなく証拠がないような場合、「そちらも動いてたのでは?」などと典型的な0のケースですら認めてくれない場合があります。

典型的なケースではない場合はなおさら認めてくれません。
交渉はいつまでも平行線となり、精神的な負担も絶えません。

交渉に行き詰まったり、提示された内容に納得がいかない場合は、弁護士に相談した方がいいでしょう。

弁護士であれば、あなたが主張している過失0が本当に妥当な割合なのか、保険会社の提示が妥当なのか?の判断ができます。

自分で示談交渉をした結果、本来なら過失がないと判断される事故でも、相手のいいなりになってしまい、結果が変わってしまったケースもあります。

交通事故の示談に関する相談を無料で受けてくれる弁護士も多くなっています。

困った時は活用して、サポートしてもらうといいでしょう。

なお、弁護士特約が付いている方はどんどん弁護士を活用してください。
過失0を主張して保険会社が代行してくれない場合でも特約は使え、弁護士に無料で依頼することができます。

交通事故で困った時のためにつけてある特約ですから、躊躇なく活用してください。

慰謝料が増額できるか無料診断できます!(匿名もOK



いきなり弁護士に相談するのはちょっと・・・。
安心して下さい。
匿名で完全無料の増額診断サービスを試して下さい。

-過失割合

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.