過失割合

過失相殺って具体的にどういう意味?過失相殺したら結果的にどうなるの?

投稿日:

交通事故の過失割合では加害者被害者が公平に責任を分担することになる

交通事故でよく耳にするのが「過失」とか「過失相殺」。

そもそも過失とは?と思う方も少なくないでしょう。
簡単に言うと「不注意」のことです。

事故が起こる原因は大概が注意不足=不注意で起こりますね。

一瞬でも違う方を見ていたとか、よそ見していたとか、一時停止で止まらなかったとか。

そして、事故は加害者被害者という関係にはなりますが、加害者だけの不注意で事故が起こるとは限りません。

全体を見ると、加害者だけの不注意が原因で起こる事故は少ない数です。

例えば、赤信号で完全に停止していた車に後ろから突っ込んだ場合。
停止していた車に不注意はありません。
突っ込んだ運転手の方だけに不注意があったと言えます。

しかし、交通事故全体で見ると、停止や停車中に突っ込まれる、という事故は多くありません。

交差点での出会いがしら事故、互いが動いている状況での事故、というのが殆どですね。

互いが動いていること、というのが交通事故の過失を考える際にはポイントになります。
加害者、被害者という呼ばれ方をすると、加害者の方だけに原因があるように思えますが、過失を考える際には違うのです。

極端にいうと、加害者だけでなく被害者も動いていたわけですから、不注意(過失)があったとしてお互いに責任を負うことになるのです。

なんだか納得できない気もするでしょう。

しかし、被害者の方も「もうちょっと注意していれば」、「クラクションを鳴らしていれば」などの何かしらの行動を起こしていれば事故は回避できた可能性があれば過失があったとされるのです。

もちろん、過失の具体的な割合については事故状況に照らして公平に判断されますが、加害者被害者に関係なく責任を分担することになる点は覚えておきましょう。

過失相殺されるとどうなるの?過失割合は判例タイムズから決まる

交通事故の解決の過程でよく出てくる10対0とか4対6、1対9など…。
一度くらいは誰もが聞いたことがあるでしょう。
この意味は、過失(事故の責任)を互いで分担した割合のことで、「過失相殺」といいます。

更に、互いに分担(過失相殺)した割合に基づいて、相手の損害を負担することになります。

具体的には、過失割合が被害者が2で加害者が8の場合なら。
被害者の損害額合計は200万だとしたら、加害者は160万円分の損害を負担することになります。

結果、被害者は加害者に対して8割の160万円の請求しかできません。

また、被害者は加害者の損害額合計が30万円だとしたら、2割となる6万円分の負担をすることになるのです。

前記から見てわかるように、過失相殺の内容次第で損害額の負担や受領する額が変わることになります。

だからこそ、加害者も被害者も過失割合がどうなるのか?ということが大きな関心ごとになり、争いの原因にもなるのです。

では、過失割合はどのような基準や判断で決まるのか?

1つは道路交通法です。
免許を取る際に誰もが道路交通法を学んだことでしょう。
例えば、赤信号は止まれ、道路標示に従って運転する、前方・後方に注意することなど。
運転する方は定められたルールに従い、守る義務がありますね。

規定に反した運転をしたり、義務を果たさなかった場合には、過失があったことになります。

さらに運転者には一般的な常識において事故を防ぐために何か対処できることはなかったのか?ということが問われます。

前から車がバックしてくることに気づき、このままバックをしてきたらぶつかると思ったにも関わらず傍観した場合、過失があるとされてしまいます。

このままバックしてきたらぶつかると思った時にクラクションを鳴らしていれば事故は防げていたからです。

道路交通法、一般常識など様々な観点から割合は決められるわけですが、中でも一番重要とされているのが「民事交通訴訟における過失相殺等の認定基準(判例タイムズ)」。

裁判官があらゆる事故形態をまとめた本です。
弁護士や裁判所も判例タイムズを参考にして決めることになります。

過失割合は最終的に誰が決めるの?

誰が決めるかという話に関しては、ケースによって異なります。

通常、示談交渉は保険会社同士で行います。
過失割合も保険会社同士で話し合いをします。

事故の当事者の意見を踏まえつつも、判例タイムズを基準にして交渉していきます。

互いに基準となるものが同じなので、折り合いがつきやすく、交渉(示談)成立する可能性も高くなっています。

しかし、中には保険会社対当事者、というケースもありますね。
この場合は、保険会社が判例タイムズを基準にして交渉していきます。
相手が納得いけば、示談成立です。

ただ、当事者本人が交渉の場にいる場合、事故における過失という正しい知識もなく、判例タイムズという参考になる本もありません。
自分は悪くない、という意識も強いため、交渉が上手くいかない場合も多くなっています。

交通事故のスムーズな解決には、まずは保険会社に交渉をお願いすることです。

ただし、保険会社の判断がおかしい場合や交渉をお願いできない場合もあります。
その場合には、弁護士に相談してみてください。

場合によっては交渉を依頼して、弁護士と保険会社で話し合ってもらいましょう。
弁護士が入ることで両者の間で折り合いがつき、示談がまとまるケースもよくあります。

もちろん、最終的には裁判ということになるケースもあります。

中には面倒だと思い、納得のいかない割合で示談してしまう方もいますが、過失割合で受け取れる損害額が大きく変わる場合はとことんやるべきです。

なお、裁判になれば、最終的に過失割合を決めるのは裁判官ということになります。

-過失割合

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.