加害者

交通事故で加害者に!弁護士がいるのといないのとではどんな差があるの?

投稿日:

交通事故の加害者になった場合は弁護士に依頼した方が良い

交通事故の加害者でも弁護士に依頼した方が良いのか?という声を聞くことがあります。

弁護士は被害者をサポートするだけでなく、加害者のサポートも行えます。
特に、大きな事故は刑事事件となるため、加害者にとって弁護士の必要性は高くなります。

もちろん、大きな事故以外でも加害者にとって弁護士は大きな役割を果たします。

交通事故の加害者になってしまうと、あらゆる負担がのしかかってきます。

特に人身事故です。

自分はどうなってしまうのか。
どれくらいの賠償金を支払うことになるのか。
何点減点されるのだろう。
免許停止や取り消しになってしまうのだろうか。

何をしたら良いのかもわからず、気持ちは沈み、ストレスも溜まります。

人身事故を起こしてしまい、自分では何をどうしたら良いかわからず不安になった場合には、早い段階で弁護士に依頼することが適切です。

一方、自分一人で抱え込んでしまうと、様々なデメリットがあります。
中でも被害者が死亡したり重傷を負った場合には、刑事事件として取り扱われます。
刑事手続を自力で対応してしまうと不利益になることもあります。

前科がついたり、場合によっては刑務所に入ることに。
仕事のこともあるでしょう。
仕事を長く休むことになったり、勤務先に知られてしまえば、仕事を辞めなくてはいけない事態になります。

車の運転を仕事にしている人にとっては一大事です。

また、刑事事件で不利益を受けると、損害賠償請求をされる民事裁判でも不利益を受けることになります。

多くの方が任意保険に加入しているかもしれませんが、刑事事件の対応に関しては、保険会社では何もしてくれません。

任意保険でサポートしてくれるのは、民事上のことだけです。
人身事故となると刑事や行政上の責任を問われますが、その対応は自分で行うことになります。

とても負担は大きいです。
加害者でも弁護士に依頼するべきです。

弁護士にサポートしてもらえば、起訴を回避することや、過失の程度によっては刑事・行政上の責任を軽減できる可能性もあります。

加害者にとって弁護士という存在は大きなものなのです。

弁護士がいることのメリット

刑事事件の場合、示談が処分を決める際の一つのポイントになります。

処分が決まるまでの間に被害者と示談ができれば、起訴されずに済んだり、執行猶予がつく可能性が高くなるのです。

刑事事件ともなると、本人が直接被害者と連絡をとりたくても、相手が拒否されてしまうことがあります。

また、警察署内で過ごすことになる場合には、現実的に連絡することはできません。

事故が大きいほど、被害者と話し合うことは難しくなります。
このようなとき、弁護士なら被害者と連絡を取ることができます。
結果的に、処分が下される前に示談をして、処分に良い影響を与えることも可能です。

他にも弁護士に依頼するメリットはあります。
弁護士がいることで、警察や検察官、裁判官に適切な主張をすることができます。
きちんと主張をすることも大事なことです。
仕事への影響やその後の生活を考えると、処分や量刑を少しでも軽減させることも重要ですね。

はっきり言って、自分一人ではできません。
刑事手続をよく知っている弁護士でなければ難しいことです。

何より、弁護士に依頼することで精神的な負担も軽減できます。
弁護費用がかかってでも依頼した方が良いでしょう。

免許処分についても弁護士がいるメリットはあります。
人身事故の加害者については、免許停止や取消されてしまう不安もあるでしょう。
どのような処分がされるかは、被害者の受傷程度や事故内容によって変わりますが、加害者側にも主張できる機会があります。

その際に、弁護士が関与することによって処分が変わることもあります。
自分で対応した場合の処分よりも軽減する可能性もあるのです。

保険会社を通して弁護士に依頼しよう

交通事故の場合、保険会社と連携している弁護士がいます。
弁護士の知り合いがいない場合、一から探すことになります。
また、知り合いの弁護士が交通事故の経験が豊富な弁護士とは限りませんね。

交通事故は、弁護士であっても多くの経験こそが結果に影響してきます。
保険会社と連携している弁護士であれば、年間を通して常に交通事故案件を扱い、死亡・重傷事故から受傷程度が小さい事故まで様々なケースを経験しています。

ただ、中には民事上のサポートは得意であっても刑事上のサポートに慣れていない弁護士もいます。
刑事手続きは淡々と進められていくため、弁護活動にはスピードが求められます。

そのため、刑事事件のサポートを受ける場合には、刑事手続にも慣れている弁護士を選ぶことが重要です。

慰謝料が増額できるか無料診断できます!(匿名もOK



いきなり弁護士に相談するのはちょっと・・・。
安心して下さい。
匿名で完全無料の増額診断サービスを試して下さい。

-加害者

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.