慰謝料

後遺障害慰謝料は一律の金額!?受け取れるお金は基準で変わります

投稿日:

後遺障害が認定されたら算出基準も確認しておこう

せっかく後遺障害が認定されても、もらえるはずだった慰謝料がもらえず損をした、なんてことにはなりたくないですね。

後遺障害の慰謝料にも3種類の基準があるのです。

等級に応じて支払われますが、一番低い自賠責基準で受け取ってしまった場合と一番高い裁判所基準では雲泥の差です。

一番低い自賠基準は最低限の補償でしかありません。
それに対して裁判所基準は、しっかりと損害を補償してもらえる金額になっています。

中間の基準として任意保険会社の基準というものがありますが、自賠基準よりはましですが、やはり損していると言わざるを得ません。

後遺症が残るほどの事故だったのですから、しっかりとその後の生活を補償してもらうべきです。

一番高い基準で受け取れるようにしてください。

しかし、現実的には、自分の力だけでは残念ながら一番高い基準で示談を成功させることは難しいです。

弁護士が代理人として交渉した結果、または裁判をした結果得られるものです。

被害者としては、面倒かもしれませんが、安易に自分で示談交渉をするのはやめておいた方がいいでしょう。
裁判所基準で受け取ることができれば、弁護士費用を引いたとしても自賠基準で受け取った場合よりも余裕で上回ることができます。

保険会社と示談を進める前には、弁護士に相談してみてください。

その上で、費用対効果を考えて判断してください。

基準を超える慰謝料を受け取ることも可能になる

すでに説明した通り、一番高い基準で慰謝料を受け取るには裁判か弁護士に交渉を依頼することが必要です。

流れとしては、認定を受けたら任意保険会社から後遺障害慰謝料を含めた損害賠償額を提示されます。

多くの場合、提示される金額は等級に応じた自賠または任意保険の基準で算出された金額となるでしょう。

これに満足してはいけないのです。

自賠基準で算出されたものなんて論外です。

任意基準でも納得してはいけません。

しかし、相手はその道のプロです。
簡単な交渉ではありません。

また、自力で交渉している限り、下手をすると任意保険基準ですら難しいでしょうし、一番高い基準まで持っていくことは不可能です。

事故に巻き込まれたことだけでもストレスなのに、さらに怪我を負って後遺症まで残り、そこに加えて保険会社との交渉・・・。

ほとんどの方が嫌になり、「もうこれでいいや」と任意保険会社との交渉を諦めてしまいます。

最悪のケースでは、一番低い基準であることさえ気付かずに示談してしまう方もいらっしゃいます。

結果、大きな損をしてしまいます。

他にも、交通事故紛争処理センターへ自分で申立てする方法もあります。
弁護士費用をかけずに済む点ではメリットはありますが、裁判基準で支払いが受けられないことも少なくありません。

また、自分で裁判を行うことも可能です。
しかし、裁判となれば書面作成や裁判所に出頭をしなくてはいけず、さらに負担が増えてしまいます。

ストレスを軽減する、損をしない意味でも弁護士に依頼するのが手っ取り早い方法です。

さらに、弁護士に依頼するメリットは他にもあります。

交通事故に特化した弁護士であれば、個別事情を慰謝料に乗せて増額させることも可能です。

弁護士の腕次第とも言えますが、しっかりと補償を受ける権利があるのですから被害者の損失を最大限に補うために動いてくれる弁護士を探してください。

そもそも、後遺障害の等級表は慰謝料を算定するための表ではありません。
等級表によって一定の相場が決まってしまう実情はありますが、一律の金額として決まっているわけではありません。

後遺障害の慰謝料には、後遺症が残ったことでこれまで通りの仕事ができなくなったことや日常生活への支障分、精神的な苦痛までと様々な損害が含まれるべきなのです。

しかし、実際には様々な影響を考慮したうえで最終的な慰謝料が決められていないこともあります。

これはとても残念なことです。
判例でも様々な事情を総合的に考慮した慰謝料額となっている例はあるのですから、慰謝料回収に強い弁護士に依頼して主張してもらいましょう。

後遺障害慰謝料請求では弁護士選びが重要です

弁護士と言っても様々です。
街の弁護士として相続や借金、離婚問題など幅広く活動している弁護士から一つのことに特化した弁護士まで。

交通事故の後遺障害慰謝料に関しては、いわゆる街の弁護士ではダメです。

もちろん、弁護士ですから一定の働きはしてくれます。
裁判を行えば裁判所基準で回収することもできるでしょう。

ただし、あくまでも一番高い基準の相場となる金額しか受け取れません。
基準を超えた慰謝料を認めてもらうためのノウハウを持っていないのです。

せっかく弁護士に依頼して同じ費用を払うのですから、被害者に生じた不利益をしっかりと主張し立証してもらえる弁護士に依頼するべきです。

弁護士選びをすることで初めて相場水準を超えて回収が可能になります。

弁護士の腕一つで回収額が変わるということを踏まえて弁護士を選んでください。
なお、自分の任意保険に弁護士特約が付いている場合、保険会社から紹介された弁護士にしておけば場違いありません。

自動車保険会社と提携している弁護士ですから、多くの交通事故の示談交渉や裁判を経験しています。

弁護士といえども交通事故裁判や後遺障害認定、その慰謝料交渉に関しては経験がものを言う世界です。

経験によるノウハウを持った弁護士として頼れるでしょう。

慰謝料が増額できるか無料診断できます!(匿名もOK



いきなり弁護士に相談するのはちょっと・・・。
安心して下さい。
匿名で完全無料の増額診断サービスを試して下さい。

-慰謝料

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.