慰謝料

交通事故によって後遺症が残った場合には後遺障害慰謝料をもらえる可能性がある

投稿日:

交通事故によって半年を超える治療でも治らない症状があるなら後遺障害申請をする

交通事故による怪我については、半年を過ぎても症状が良くならない怪我を負ってしまうこともあります。

治療とリハビリなどを続けることになりますが、完全に治る見込みがなく、症状の改善が見られない場合には、医師は症状固定とします。

症状固定と聞くと、治ってもないのに治療を打ち切られたような感じを受けますが、交通事故の治療の場合は医師がこれ以上良くならないと判断した場合には症状固定とします。

その理由は永遠に治療を続け、その治療費を期限なく加害者側に請求するのは加害者への損害賠償の責任が重すぎるからです。

そこで、代わりとなるのが後遺障害認定。

治る見込みのない治療が終わってしまっても、残る症状に対しての損害を賠償してもらうことが可能になります。

つまり、症状固定前の慰謝料とは別に後遺障害慰謝料として支払いを求めることで埋め合わせをする、という感じです。

症状固定とされる目安は事故発生から6ヶ月となるのが一般的です。

医師から告げられますので、その時点でまだ痺れ等の違和感や痛み、事故前の体の状態に戻らない症状がある場合には後遺障害申請を検討してください。
ちなみに、「治療を終わらせたくないから症状固定にはしてほしくない、でも後遺障害申請はしたい」ということはできません。
症状固定にならないと後遺障害の申請もできないのです。

申請に関しては、医師から提案されるかもしれませんし、また自賠責保険から申請用紙が送られてくるケースもあります。

ただ、周りから何もアクションがない場合もあるでしょう。

何もアクションがない場合には、自分から医師に申し出て、申請に向けて準備してください。

なお、症状固定となるとその後の費用は加害者に対して請求することはできませんが、症状固定後も自費でリハビリ等を続けることはできます。

後遺障害が認定されるためにも知っておくことがある

後遺障害の認定といっても、それぞれの症状で等級があり、等級の要件に該当しなくてはいけません。

等級認定されることによって、はじめて症状固定後にも残る症状に対しての補償が受けられるのです。

つまり、認定されなければ補償を受けることはできません。
なお、保証とは後遺症に対しての慰謝料です。

どんな症状でも認められるわけではありませんので、自分では後遺症だと思っても認められるかどうかは分かりません。

判断するのは自賠責保険会社です。
実際には委託先の損害保険料率算出機構という第三者機関が各地にある自賠責調査事務所で審査が行われます。

提出された診断書などをもとに審査を行います。
書類審査となりますので、提出する書類がとても重要になるのです。

単に必要な書類を出せばいい、というわけではありません。

例えば、むち打ちの症状があっても、レントゲン画像では症状がわからないことがよくあります。

安易に症状が読み取れないレントゲン画像を出してしまうと認定はされません。

その辺の医療機関が使っているレントゲンでは症状が映らなくても、高性能のレントゲンなら映る可能性があります。

また、画像からはわからなくても、医師が事細かく診断書を書いてくれることによって症状が明確になったり、レントゲン以外の医学的テスト結果などで症状を証明できることも。

目で見てわかる症状なら認定はされやすいですが、本人にしかわからない自己症状で申請をする場合、証拠となる書類を細かく準備して医学的に証明されることが大切なのです。

なお、後遺障害の判断条件は以下のとおりです。
・症状固定後に残る症状と交通事故に関係性があるかどうか
・本当に回復が難しく回復する可能性がないと医師が判断した状態かどうか
・症状が後遺障害等級の要件に該当しているかどうか

条件をよく理解している医師が診断書を作成することで、認定される可能性が上がることもあります。

単に医師に診断書を作成したもらうのではなく、認定されるように作成してもらうことが肝心です。

審査結果に不満がある場合には異議の申し立てができる

もしも認定がされなかったとしても、まだ諦めてはいけません。
異議申し立てができます。

なお、審査に落ちる例としては、診断書に問題があって認められなかったケースが多いです。

再度、主治医や他の医師にお願いして専門的な意見を書いてもらい、症状を医学的に証明できるような追加書類を添えて出すことで認められるケースもあります。

ただ、なぜ認められなかったのかは素人では判断できません。
弁護士などの専門家に相談して判断してもらい、再申請した方が認められる可能性が高くなります。

慰謝料が増額できるか無料診断できます!(匿名もOK



いきなり弁護士に相談するのはちょっと・・・。
安心して下さい。
匿名で完全無料の増額診断サービスを試して下さい。

-慰謝料

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.