弁護士

弁護士費用が払えない方でも弁護士に依頼する方法はある!

投稿日:

お金がなくても弁護士に依頼できる制度

交通事故の解決には難しい法律が絡んだり、交渉の難しさなどから弁護士に力を借りたいと考える人も多くいます。

実際問題、交通事故の解決までに至る過程では、弁護士がいた方が有利に進められます。

弁護士がいることによって早期解決だけでなく、賠償金の額が増える可能性も高くなるのです。

しかし、「弁護士費用はバカにならない」という理由で利用しない方も多くいます。
また、弁護士に依頼したいと考えていても、場合によっては「費用が払えない」という理由で諦めてしまう方もいます。

弁護士費用を見てみると、その判断もわからないではありません。

弁護士に相談するだけでも、一般的には1時間1万円程度がかかります。
依頼するとなれば、「数万円ではきかない」という思いから弁護士の利用を諦めてしまうのだと思います。

ですが、近年は弁護士費用の実情も以前とは異なっています。
特に交通事故に関していえば、相談費用はほとんどの弁護士が無料で行っています。

着手金でさえも無料にしている弁護士も多くなっています。
昔に比べると、全体的に相場も下がってもきているのです。

それでも、個々の経済的な事情から弁護士に依頼したくてもできない、という方もいるでしょう。

そこで、経済的な事情から諦めなくてはならない方については、「民事法律扶助」という制度が活用できることを知ってほしいと思います。

お金がないから弁護士のサポートを受けられない結果、受け取れるはずだった損害金が受け取れない、ということでは不条理です。

そんなことがあってはいけないという理由から民事法律扶助は存在しています。

まだまだ知らない方も多くいる制度ですので、紹介したいと思います。

法テラスという組織が行っています。
制度の内容は、弁護士に支払う費用を立て替えてくれることです。

交通事故だけではなく、借金、離婚、刑事事件などでも利用できます。

利用するには一定の条件を満たしていることが必要で、パートで収入が低いとか、生活保護を受けている、年金を受給しているなど、一定の収入や資産がない方に限られます。

具体的な制度の利用例としては、審査を受けることからスタートします。
制度の基準を満たしていれば、着手金や実費等の費用を立て替えてもらえます。

あくまでも立て替えなので、法テラスに返済することになりますが、収入に応じて月3000円〜月10000円程度の分割払いになっています。

さらに、生活保護を受けている方や収入がとても少ない方に関しては、依頼した案件が解決するまで返済を猶予してくれる場合もあります。
交通事故に関していえば、示談または裁判が終わり、賠償金を受け取るまでは立て替えてもらった返済を猶予してくれる、ということです。
詳細は、法テラス「http://www.houterasu.or.jp/index.html」で確認してください。

交通事故の賠償金を得られる場合は費用がなくても弁護士に依頼できます

手元にお金がなくて数十万する着手金や報酬金の用意ができなくても、弁護士に依頼することはできます。

交通事故の依頼に関しては、ほとんどの弁護士は賠償金が手に入ってから支払いをすることに応じてくれます。

現時点で払えなくても問題ないのです。

例えば、200万円程度の賠償金を受け取れそうな場合なら。
裁判をすることなく示談で解決できた場合の着手金や報酬金等の弁護士費用は、およそ40~50万円程度です。

この費用は依頼した時に支払う必要はなく、相手から受け取った後に支払えばいいのです。

なお、例であげた200万円の賠償金がもらえる場合の弁護士費用についてですが、40〜50万程度かかることに高く感じる方もいるでしょう。

実際には、自分での交渉なら200万円程度であっても、弁護士にお願いすることで250万くらいまでは上がるケースがほとんどです。

事故のケースや受傷した程度にもよりますが、一定の賠償金を得られることが確実な場合には、迷うことなく弁護士に相談してみてください。

弁護士特約が付いていれば費用を払うことなく弁護士の活用ができる

交通事故にあわれた全ての方、一度自分の保険を確認してみてください。

弁護士特約が付いていませんか?
特約が付いていれば、弁護士への相談、着手金、報酬金等の費用は保険会社に払ってもらえます。

自分で負担することなく弁護士に依頼することができるのです。

保険会社から伝えてくれる場合もありますが、自分から動き出さないと活用できないまま終わってしまうこともあります。

せっかく入っている保険ですから、利用できるものは全て利用しましょう。

また、自分で弁護士を探すことが大変な場合には、保険会社に弁護士を紹介してもらうこともできます。

保険会社が紹介してくれる弁護士であれば、交通事故の示談交渉や裁判の経験が豊富な弁護士であることがほとんどです。

いくら弁護士といっても、得意な分野、不得意な分野があり、数多く経験している分野に強みを持っています。

交通事故についても、数多く経験している弁護士に依頼することが重要ですので、保険会社を通じて依頼した方が確実です。

-弁護士

Copyright© 交通事故の相談所・示談交渉に強いプロの専門弁護士に相談 , 2018 All Rights Reserved.